ときどき日記
by studiofujino
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:仕事の事( 28 )
Diamante加工中
Diamanteの加工、すでに材料の魅力がプンプン。
このままでも、素敵かも。

e0241305_12424045.jpg

ふじさき






by studiofujino | 2015-08-12 12:44 | 仕事の事 | Comments(0)
きになる木
寝かせて早一年。
何かに使えそうで、そのままのヒノキの間伐材。
気になる形です。
e0241305_136548.jpg


ふじさき
by studiofujino | 2015-06-11 13:28 | 仕事の事 | Comments(0)
乾燥作業
e0241305_8214956.jpg

8月にあるイベント用の作品の材料。生木で購入したので、荒取りして含水率を測定。
約2ヶ月間 だいたい10パーセントまで落とすように乾燥させます。

ふじさき






by studiofujino | 2015-06-04 08:24 | 仕事の事 | Comments(0)
樫の木
今日は、小雨の中樫の木の伐倒に立ち会う。
家の近くで大きくなってしまったので、クレーンでつり上げながら、上から徐々に伐っていく。
e0241305_1841112.jpg

e0241305_187762.jpg

e0241305_188421.jpg

e0241305_1881936.jpg


ゲット!
中心の黒い部分が樫の特徴です。
板に挽くときれいなストライプが出ます。
e0241305_1895499.jpg


大きい広葉樹を伐るは特殊伐採といって、杉、檜とは違った特殊な技術がいります。
樹木の重心を見極めるのがとても難しいそうです。
とにかく、伐る作業の最初は、こんな感じに親方がクレーンで吊るされていきます。
やれる人が少ないのも、頷けます。
親方!しびれます!
e0241305_181222.jpg



ふじさき
by studiofujino | 2014-03-13 18:23 | 仕事の事 | Comments(0)
丸太祭り
お世話になってる土建屋さんが、湖近くで工事中。
工事でこういった広葉樹が切り出されるのだが、だいたいがチップ工場行きだそうです。
土建屋さんに「丸太が欲しい!」の一言で、うちの工房に大量の丸太が、運ばれてきた。
やる事がダイナミックで男前です。
e0241305_17495528.jpg

中には、根っこや木の股もどんな木目が出るか楽しみです。
e0241305_1749885.jpg

e0241305_17495376.jpg


湖畔沿いの工事現場で、何気なく土建屋さんと雑談していると、ふと、思い出した事がありました。
神代杉‥火山の影響や人工湖で、木材が水没して泥の中に埋もれて、土壌の石灰分と木材浸透して長い年月かけて灰色化した木材。杉だけでなく、檜、朴、欅など様々な神代化した材料がありますが、かなりレアな材料です。

そんな材料がある事を説明すると、先日切った木の中に切りカスが真っ黒な木があったと。
それが、この丸太。
e0241305_17581489.jpg


切ってみると、ぎょぎょぎょ! 神代状態な上、黒柿!!! 神代黒柿なんて、聞いた事もない。
理論上ありえるが、柿の木の中でもまれにしか出てこない黒柿、偶然にも偶然が重ならないと出てこない。
e0241305_17581735.jpg

神様、ありがとうございます(泣)。大事に使わさせていただきます!
ゆっくり乾かして、作品になるのは、しばし先の事となります。
あーびっくりしました。

ふじさき
by studiofujino | 2013-12-02 07:23 | 仕事の事 | Comments(2)
いよいよ
いよいよ今週末になった工房からの風
いろいろ問題もありつつ、準備の着々と進んでいます。
工房からの風のブログにも、インタビューを掲載頂きました。
今回、新作の小箱の第二弾。
こんな材料で製作します。
e0241305_1242675.jpg

クラロウォールナット。
接ぎ木によって変化したこぶ状の部位。
自然と人の手によって不思議な木目が形成されています。
e0241305_12422044.jpg

乞うご期待!
ラストスパートです。

ふじさき
by studiofujino | 2013-10-09 09:28 | 仕事の事 | Comments(0)
黒柿
来月に開催予定の「工房からの風」に出品予定の、小箱。
今回は、どうしても黒柿で製作をと考えていたのだか、希少な材料なのでなかなか扱っている木材屋がない。春先からずっと探していて、とうとう見つける事ができました。黒柿は、表情が個体差が大きく真っ黒なのから、真っ白まで様々。今回、自分たちの想像していたバランスで黒が入っていて申し分なしです。
e0241305_15482796.jpg


黒柿は、渋柿の古木の中でも偶発的に出てくるもので、一説には土壌の鉄分と樹内の成分が反応して黒深緑色の木目がでるとか。とにかく、伐ってみないとわからないという希少材。
自然と木取りにも慎重になります。

ふじさき
by studiofujino | 2013-09-23 17:38 | 仕事の事 | Comments(0)
材料置き場
前から懸案の材料置き場、製作中。
e0241305_1719191.jpg


地元の木を伐採して、製材する事が多くなり、仕事の合間に建前。
大家さんが、建築板金屋さんの事もあり、鉄骨で小屋を作ってくれました。
ペンキ塗るのも大変です。

ふじさき
by studiofujino | 2013-03-15 17:19 | 仕事の事 | Comments(2)
できた。
何年も試行錯誤しながらお蔵入りしていた
カッティングボード。




e0241305_166322.jpg

『使用感の確認』という検証(?)を









e0241305_166222.jpg

夜な夜な重ねた結果、

ようやく私たちなりの答えがでました。



美味しくて、楽しい検証。
ニューラインナップ。


ひがしかわ
by studiofujino | 2013-02-04 16:11 | 仕事の事 | Comments(2)
栗 伐採
今までは、倒木を頂くケースが多く、だいたいは玉切りだけですんでいました。
今回は初めて立木を伐採。
直径約50cmの栗。
e0241305_9294745.jpg

針葉樹と違って木の重心を見るのが難しいので、伐採は練れているおじさんのお願いした。
e0241305_9331583.jpg

さすが、見事!
大きい広葉樹の伐採は、針葉樹に比べて複雑な切り方をします。
うまく切らないと裂けてしまうそうです。

戦利品1。
5m分取れました。
これから先は製材所のお願いします。
e0241305_9332023.jpg

戦利品2。
薪ストーブ用の薪です。
枝の部分もかなりありましたね。
e0241305_9372560.jpg

時間をかけてゆっくり天然乾燥。早く削りたいですね〜。

ふじさき
by studiofujino | 2012-12-12 09:40 | 仕事の事 | Comments(2)



↑ studio fujino HPへ


※ ギャラリーは、
ゆる〜く不定期オープン中。
お越しの際には、
お電話・メールにて
ご確認いただけますよう
お願い致します。

info☆studiofujino.com
(☆を@に変換お願いします)

tel. 042.684.9351




その他 links
-----------------------------

・ありしろ道具店

・TAKASHI IFUJI Design

・syoca

・FUMIAKI GOTO design
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
ku+ちゃん、残念すぎ〜..
by studiofujino at 13:47
もーーーめっちゃ面白そう..
by ku+ at 18:00
komichiさま、こん..
by studiofujino at 17:52
こんにちは! 先日は素..
by komichi at 16:16
久野いずみさま。お問い合..
by studiofujino at 12:24
mu-cyoさま、楽しみ..
by studiofujino at 12:18
杉並区在住です。「七緒」..
by 久野いずみ at 08:32
13日に友人たちと伺いま..
by naomu-cyo at 23:44
く〜ちゃん(←マイブーム..
by studiofujino at 14:05
薩摩ボタンの絵付けは何時..
by Ku+ at 19:11
記事ランキング
画像一覧